オフィスの移転や引っ越しにかかる費用

どのくらいかかる?新オフィスへの移転に関わる費用

実は一番負担が大きい?旧オフィスにかかる費用

オフィスの移転や引っ越しは、企業にとっては一大イベントです。
新しいオフィスでの心機一転のスタートはとてもワクワクしますよね。

ただ、移転作業そのものは一朝一夕でできるものではありません。
旧オフィスから新オフィスへ移動するその時だけを気にかければいいということでもありません。
これから入居する移転先の新オフィスと、退去する現在のオフィスに関して、それぞれやらなければならないことがたくさんあるのです。
少なくとも、移転する半年ほど前から準備が必要で、計画性をもって進めていかなければなりません。

当然、オフィスの移転には費用もかかります。
旧オフィスに関しても、新オフィスに関しても、それぞれ費用がかかるのです。
移転準備に大きな漏れがあると、トラブルが生じたり、会社の損失が大きくなってしまったり、といったことも考えられます。

せっかく新しいオフィスで新たなスタートを切ろうとしている時に、トラブルに見舞われるのは幸先の良いことではありませんね。
特に費用に関わることは、会社の損益にも影響しますので、きちんと予算を組んでしっかりと準備したいものです。

オフィスの移転や引っ越しに関わる費用は、大きく分けて3種類あります。
それは、旧オフィスにかかる退去費用と、オフィス間の移動時にかかる引っ越し費用、そして、新オフィスにかかる新規開設費用です。
これら3つの費用にはどのようなものが含まれているのか、具体的に見ていきましょう。

いざ移転!でもその前に知っておきたい3つの費用のこと

オフィスの移転にかかる費用というと、実際にオフィスを移動する際の、いわゆる引っ越し費用が頭に思い浮かぶかもしれません。 しかし実際には、移動の日を迎える前にやっておかなければならないことがあります。 それは、旧オフィスを入居時の状態に戻すこと。 これに伴う費用はかなりのものになります。

旧オフィスから新オフィスへ!移動にかかる費用とは?

やっと迎えたオフィス移転の日。 旧オフィスから新オフィスへ、必要なものを運ぶ必要があります。 引っ越し作業にも費用が生じますが、ある程度は自分たちで運ぶなど、工夫すればその費用は抑えられる可能性があります。 また、見落としがちですが、不要となった什器の廃棄費用もかかります。

快適な新オフィスにするための費用

引っ越し先の新しいオフィスも、引っ越しまでに準備を進めておかねばなりません。 内装工事やインフラの整備、家具や銃器の新たな購入など。 引っ越しが完了したら、すぐに業務が開始できるように整えておく必要があります。 新オフィスは、会社にとってもそこで働く社員にとっても、よりわくわくする場所となるのです。